DVD制作は制作目的とターゲットを明確に

書籍や雑誌を買った時に付録としてDVDが付いていることってありますよね。
私が子供の事にはDVDも無かった時代なので、こういった付録が付いているとちょっとお得な感じがしてつい買ってしまうことがあります。
先日子供に買った本にもDVDが付いてきて、本も読めるしDVDも見れるしちょっと嬉しいですよね。
書籍の付録用としてDVD制作をする会社があれば、クライアントに自社製品の魅力を知ってもらい売上につなげるためのDVD制作もあります。
DVD制作をする場合には制作目的とターゲットを明確にすることが大切で、何の目的で誰を対象に作るのか、そのDVDはどう活用するのかなど考えましょう。
DVD制作のターゲットがクライアントなのか販売用なのか、社内用なのかでも異なり、映像のコンテンツも全然違ってしまいます。
制作目的は明確になっていないとプロにDVD制作を依頼しても、効果的なDVDを作ることはできません。
制作目的を明確にし、作りたい動画のイメージも浮かんだらプロのDVD制作会社に見積もりを取り、その際には大まかな予算や納期も伝えるといいでしょう。